アニクリオンラインストアの
「お中元ギフト特集」

定番のお肉やうなぎなどのグルメをはじめ、
涼を感じられる和菓子や人気のスイーツなど
おすすめギフトを厳選しました。

カテゴリー別

お中元の豆知識

TRIVIA

お中元とは?

お中元は中国から渡って来たならわしです。
そのならわしが日本で仏教の風習と混ざり、「お盆の時期に、お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるために贈り物をする」という行為に変化したのが、現在のお中元の由来と言われています。
お中元ときくと堅苦しい印象を受けますが、最近では両親や友人へ贈る方も増えています。

贈る時期はいつ頃?

贈る時期は地方によって異なります。
東日本は7月上旬~15日まで、西日本は7月中旬~8月15日までが一般的です。
贈りたい方の地域をチェックしましょう!

お中元の相場は?

親や親戚のような間柄は3,000円~5,000円。
特にお世話になった方や仕事の関係の方は3,000円~10,000円ほどが相場です。
お中元は毎年贈り続けるもので、金額の大きな変動はマナー違反だと言われています。
毎年贈ることになっても無理のない品物を選びましょう。

どんなものを贈ればいい?

お中元は「日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝える」ために贈るもにです。したがって、お相手が受け取って「嬉しい」と思ってもらえるものを贈りましょう。
和菓子の好きな方であれば季節を感じさせる「水ようかん」を選ぶもよし、晩酌を楽しむ方であれば「お酒」を選ぶもよし。
お相手の嗜好が分からない場合は、日持ちするものを選んだり、家族構成を考えて選んだりします。
例えばお茶やコーヒーなどは日持ちするものですので、消費期限をあまり気にすることなく楽しむことができます。また、お子様やお孫様がいらっしゃる場合、アイスやジュース等でも喜ばれるかもしれません。どうしても分からない場合は洗剤やタオルなど、誰でも使う日用品を贈ると比較的重宝されるものです。

カタログギフトを贈るのは失礼?

最近で贈り物でよく使われる「カタログギフト」。
カタログギフトを贈るのは失礼にあたるのではないかと思われがちですが、一般的には失礼ではありません。実際、最近では多くの人々が、受け取った方が自分で好きな商品を選べるカタログギフトを好む傾向にあります。特に、贈り先の好みやニーズを把握するのが難しい場合や、遠方に住んでいる場合に便利です。ただし、相手の好みや関係性に合わせて選ぶことが大切です。気持ちを込めて選んだギフトであれば、失礼にはなりません。

いただいたお中元にお返しは必要?

一般的に、お中元はお礼状を返すだけでよいとされています。
ですが、普段からお世話になっている場合など、相手との関係性を考慮して返礼品を贈る場合もあります。そのような場合は、いただいた品物に対するお礼状を同封するなどして贈るとよいです。
暑中見舞いや残暑見舞いの際に、お中元の返礼品を贈るのもよいのではないでしょうか。